米屋で食べる麦とろごはん。

Origin of Daikokuya大黒屋の原点

昭和三十三年、米屋『大黒屋』創業。当時の大黒屋は卵や牛乳といった 米以外の食材も豊富に取り揃え、 配達などもおこなう『御用聞き』として 地域の方々に親しまれておりました。そうした地域との関わり合いから 昭和五十五年、二代目とその妻が 得意の料理を振る舞いたいと始めたのが、 小料理屋『大黒屋』の始まりでございます。

ある日、常連さんの一人から当時人気のあった 『月見(とろろに卵を落とし青のりをかけたもの)』を 麦ごはんにかけて食べてみたいとの要望を受け、 提供いたしましたところ、それがたちまちに広まり、 現在の看板料理『麦とろごはん』となりました。

『御用聞きから始まった大黒屋』だからこそ、 季節に応じた食材を全国各地より取り寄せることができ、 四十年以上たった今でも、その伝統と変わらぬ味を 守り続けることができております。お近くにお越しの際は、ぜひ一度お立ち寄りください。

大黒屋商店 三代目 店主

History of Daikokuya大黒屋の歴史

昔も、今も、これからも大黒屋は時代に寄り添い、この場所からこの街を見守り続けたいと願っております。

Menuお品書き

こだわり抜いた食材は、手間暇をかけ丁寧に仕込むことでよりその味わいを引き出すことができます。最高のおかずで最高のお米をぜひご賞味ください。

Shop information店舗情報

目黒通り沿い、イオンが目印です。営業時間などはこちらよりご確認いただけます。ご来店の際はお気をつけてお越しください。